これまでの相談事例

ご両親が居住中の
ご実家のご依頼

亘理郡亘理町

お問い合わせ頂きましたお客様からのご依頼で戸建の買取りのご依頼を頂きました。ご実家にお住まいになっているご両の娘様からのご相談でした。

ご高齢のご両親と同居することになり、転居後に空き家になったご実家の管理をして頂きたいというご理由でお問い合わせを頂きましたが、このままご両親が転居した空き家を所有していても、生活の基盤が関東なので将来的にはこちらに住むことはないので、やはり空き家を維持していくのも大変なのでご売却したいということでした。

そのような経緯のご理由で転居する日は決まっているのでそれまでに時間が無いと言うことで、ある程度ご実家の方向性を決めて安心したいということでした。いくつかの不動産業者にはご相談したということでしたが、良い返事ご対応して頂けなかったということでした。

金額は関係無くお父様の思い入れのある建物なのでそれを充分に理解して頂ける方、安心できる方にお譲りをしたいということでした。お母様、お父様、娘様と三人でお話しをさせて頂き、お父様の昔の話などを聞き和やかになり、急遽当社で戸建を買取りをお願いしたいということになりました。

少し悩みましたが、ご両親が高齢でお引越も大変だと思い、条件としては建物は現況のままで購入し、移転登記だけ先に行い、転居お引越の日までそのまま無償で居住して頂き家財道具やお荷物はそのまま置いて、必要な物だけお持ちになってもらう事になりました。他の不動産業者はお引越、引き渡し日までに中のお荷物や家財道具を全て撤去しないといけませんが当社はお客様のことを第一優先と致しますので面倒な手間や身体のご負担はありません。

ある程度お客様のご融通はお効かせ致します。購入させて頂きました大切なご実家をこれから当社でどう活用再生していくか今いろいろと考えている途中です。急な同居や施設へのご入所など同じようなご実家のお悩みがあれば是非当社にご相談頂ければと思います。


遺品整理などをしたのち
希望者へ売却

多賀城市鶴ヶ谷

多賀城市の空き家で所有者様が遠方にお住まいなられしかもご高齢のために管理しきれないということでした。

当初は空き家管理のご依頼をいただきましたが、お子様に生前財産分与のため、途中からご売却のご相談をいただき当社でお客様をご紹介・仲介をさせていただき無事にご成約の運びとなりました。

ご売却と合わせ遺品整理のご依頼をいただき、引渡し日までに草刈り剪定(せんてい)も含め、作業を全て完了し、無事に当社の空き家購入登録希望者の方にご紹介させていただき空き家を無事にお引き渡しさせていただきました。

遠方なので無駄な浪費と時間、遺品物の整理を他社専門業者に頼まないで、当社で一括で全て作業をご依頼していただき、スムーズに取引ができたことに大変満足なされていました。
遺品整理費用  戸建平屋 4LDK 通常相場60万円から 遺品物の量は2tトラック6台分 作業人数4名※家電などリサイクル料は別途当社にご依頼していただいた場合特別価格16万円税込と金庫や仏壇はお客様のご要望で梱包ご郵送などもすべてコミコミ価格です。

また不動産は価格900万円でご成約で物件成約価格×3%+消費税、仲介手数料356,400円税込お客様の手残り額売却価格9,000,000円ー遺品整理費160,000円ー仲介手数料356,400円=8,483,600円不動産譲渡所得税などに売却のためにかかった経費も計上でき減税もできます。

ご要望があれば当社でそのまま空き家の買取り業者もご紹介しておりますのでぜひご相談ください。


空き家の相続登記完了まで管理
その後に売却

仙台市宮城野区清水沼

仙台市宮城野区清水沼の空き家のご所有者様の娘様からお母親様のご実家の空き家管理のご依頼とご相談をいただきました。

ご依頼の理由は震災前までは祖母がお住まいになられ、その後お亡くなりになられてからずっと7年間空き家を放置し、草木が生茂った状態が何年間も続いておりました。仙台市から空き家の是正のお手紙が届き、不安に当社にご連絡をしたと言うことでした。早速ご相談内容を聞きすぐに当社で空き家管理させていただき、月1回の巡回と空き家に生茂った草木なども全て剪定(せんてい)除草させていただきました。

本来であればすぐにでもご売却をしたいということでしたが、お亡くなりになってから数年たっていますが、まだ相続登記も何も行っていなく、ご売却できる状態ではございませんでした。

そこで提携する司法書士をご紹介させていただき、相続登記完了までご依頼から2年間かかりその間空き家の管理をさせていただきました。相続登記完了後、すぐにご売却のお手伝いをさせていただき、今回の空き家は道路に接道していない無道路で再建築ができない敷地、接道している道路には持分がないという状態で一般のお客様にはご売却するに難しい空き家でした。お客様のご要望は売却金額よりすぐにでも不の資産になる空き家を手放したいというご要望が強く売却金額はお任せすると言うことでした。

早速当社の空き家購入登録希望者の方にご紹介させていただき無事にご売却することできました。お客様も空き家を維持する不安から解放されとてもお喜びになられていました。


相続後の空き家についていた
「永小作人」抹消後に売却

柴田郡村田町沼辺

柴田郡村田町沼辺の相続後に空き家になったご実家の維持管理が大変だと言うことで、ご売却のご相談をいただきました。
生前までお父様がお住まいになられており、その後空き家になってから数年たっておりました。

草木が生茂り、建物は老朽化で雨漏りなどハクビシンなどが住みついた形跡があり天井は汚物の染みだらけでした。ご売却するために空き家の調査をしたところ問題点があり、今回は空き家の敷地の一部に永小作権が付いており、永小作権を抹消しないと売却はできない状態でした。永小作権は今はもうないのですが昭和初期に小作料という金銭を支払い、他人の土地で耕作や牧畜をする権利です。

この権利を持つ人を「永小作人」と呼びます。永小作人は、 土地の所有者との契約の範囲内で耕作や牧畜に従事し、その収穫物を全て手にします。
その小作権者の小作権が付いており抹消なければなりませんでした。昭和初期なんて小作権者はもうすでにお亡くなりなっています。とりあえず今回の空き家のご所有者様以外の永小作権者の相続人など全てお調べしなければなりません。

提携している司法書士をご紹介し、永小作権の抹消を頼みましたがなかなか悪戦苦闘しました。永小作権者の相続人が何十人もいて、一人一人の所在地を知れべて抹消の委任状をいただかなくてなりませんでした。その上裁判所に書類を提出し、許可がなければ抹消ができないのです。
相続人から委任状と裁判所の許可までいただくには1年かかりました。

そして永小作権抹消後に売却のお手伝いをさせていただきました。たまたま当社のお客様で田舎暮しご希望の当社の空き家購入登録希望者の方にご紹介しましたら気に入ってご購入していただけました。

金額はやはり所有様も早く手放したいというのもあって、当社に残置物撤去、草刈り除草剪定などもご依頼していただき売却金額も含めてマイナスにならない金額であればよろしいと言うことでした。全て終わり空き家のご所有者は安心しておられました。当初は解体して更地でご売却も考えていましたが、やはり生まれたご実家を残し、次に住んでもらえる方がいればと思っていたお気持ちが強かったみたいです。

建物はご購入者自らDIYをして修繕し、畑や作業小屋もあるので素晴らしい物件に生まれ変わりました。


実家の空き家管理後に
購入登録希望者の方に売却

仙台市太白区八木山南

仙台市太白区八木山南にあるご実家の空き家管理のご相談を県外にお住まいになられている息子様からご相談をいただきました。

空き家管理の理由はお住まいになられていたお母様を、息子様が東京なのでお母様を近くの施設にご入所なさったので現在空き家にしているので管理をお願いしたいということでした。早速当社で空き家管理のご依頼をいただきました。1年が経ちお母様の施設の生活に慣れて落ち着いたので、ご実家をご売却をしたいというご相談をいただきました。

ご理由はお母様がまだ元気なのでご売却し、現金化し施設などの費用に充てたいということでした。またご売却する上で、遠方なのでこちらお越しになる時間がないので合わせて家財道具の処分、生前整理のご依頼いただきました。家財整理後すぐに当社のお客様にご紹介させていただき、ご売却のご依頼から1ヵ月ぐらいでご売却の流れとなりました。とても安心して取引きができたとお喜びになられておりました。


残された家財道具を整理後に
空き家を売却

仙台市太白区袋原

仙台市太白区袋原の空き家になっているご実家のご売却を息子様からご相談をいただきました。

ご売却のご理由は、県外にお住まいになられている息子様のご自宅近くの施設に、お母様がご入所なされて、こちらに戻ることもないので空き家を処分したいということでした。あまり時間が取れず、こちらに来ることも無いので時間をかけずにご売却のご希望でした。室内には家財道具の残置物が多く処分しなければいけない状況と合わせ建物が少し沈下しておりました。

早く処分したいということで金額はお任せするということでした。お急ぎということもあり、家財道具の残置物や建物の沈下、築年数などを見て当社で家財道具を残したまま買取りをさせていただきました。とても安心してしかも無駄な手間がなく喜ばれておりました。早速当社の空き家購入登録希望者の方にご紹介させて頂きました。建物の柱だけ残し間取変更と合わせ柱の本数を増やし、基礎部分に再度コンクリートを流し耐震性の確保をいたしました。

全く別の空き家に生まれ変わりました。空き家は再生すれば新築を購入する程の費用もかからずに住まいを手に入れられるのです。築年がたっている空き家だからと解体とかする必要はないです。

築年数が古い空き家だからといって諦めて放置しているのであればまずは当社に一度ご相談ください。空き家の管理、賃貸、売買、リフォームなどご活用方法はいくらでも選択肢はあります。


空き家管理中
次の転居先を見つけたのち売却

宮城郡七ヶ浜町汐見台

宮城郡七ヶ浜町汐見台の空き家のご所有の方から今は海外赴任で空き家にしているので空き家管理をお願いしたいと言うご相談をお受けいたしました。

月一度の巡回でお部屋の換気、通水、簡易清掃、外回り清掃、定期的に庭木剪定(せんてい)など全ての内容でご依頼を承りました。2年程管理させていただき海外赴任からお戻りになるということで、空き家を売却し住み替えをしたいというご相談をお受け致しました。

ご希望の学区内でのすぐにご購入できる物件がなく、まずは賃貸をお探しさせていただきました。1年後に学区内に物件が出たのですぐご紹介させていただきました。お引っ越しから家財道具の処分まで全てまとめて行い、次の購入希望者の方もすぐに見つかり、次の転居先のご購入から空き家のご売却までスムーズに行うことができました。


空き家の購入希望者を探し
コストを抑えながら売却

多賀城市大代

多賀城市の空き家のご売却を成年後見人の方からご売却のご相談をいただきました。

空き家になって数年がたち何も手を付けていない状態でしかも室内は家財道具、残置物をそのままの状態で、このままの状態では近隣周辺の方にご迷惑をおかけすることになるので早急にご売却を行いたいということが強いご希望でした。空き家は何もしていない状態で傷みが激しく修繕リフォームをしないと住める状況ではありませんでした。

当社で売却のご依頼をいただきましたが残置物撤去などの売却にかかる費用まで経済的にお出しする余力がないということで現況で購入していただける方限定で買主の方をお探しさせていただき、購入するには支出部分が多少デメリット部分がありますが、価格はそれなりに売主様もマイナスにならないよう無事に当社の空き家購入登録希望者の方をお探しすることできました。

空き家は何もしないていないと負の財産になってしまいます。何もしないでも大丈夫というお考えは間違いだと思います。
空き家をどう有効に活用するか、その空き家を活用しないのであればご売却を検討していただき、少しでも心の負担をなくすことが今一番の空き家対策の最善策だと思います。
空き家をご所有でお困りであればぜひ一度ご相談ください。


空き家を管理・解体
してからの売却

塩釜市北浜

昭和の戦後に建築したご実家(生家)の空き家を管理していただきたいとご依頼をいただきました。

売却をしたいがとても売れるような場所ではないと他の不動産会社からお断りされて何年もそのまま空き家を放置してしまってどうしたらいのか誰に相談したら良いのか悩んでいたということでした。たまたま当社のHPを見てお問い合わせした経緯でした。

また空き家はとても住める状態ではなく草木が生茂り、近隣の方からの苦情などご迷惑をしていることでまずは定期的な管理をお願いし、いずれかは売却まで全てお願いできないかというご要望でした。まずは現地調査を行い当社のご提案をさせていただきました。

綺麗にするために草刈り剪定(せんてい)を行い、建物はすでに傾いて危険な状態でしたので解体のご提案をさせていただきました。解体も4トントラック、重機が入らなく手作業での解体となりました。何とか無事に解体ま行い、しばらく空き家管理をさせていただいてからご売却の準備をさせていただきました。

また空き家の場所が塩釜市でもかなりの急傾斜のある地区でなかなかご売却できるかと心配でしたが近隣の方が駐車場としてご利用したいということですぐにご売却までにいたることができ一安心でした。何も手を付けずに空き家にするご理由はあると思いますが、近隣の方のご迷惑、防犯面、放火、獣動物の住家などになってしまいます。空き家を適切に管理することによって将来ご売却や賃貸など行う上でやはり空き家の資産低下、劣化を防ぐためには定期的な管理は必要です。


空き家になった
ご実家を素早くご売却

塩釜市藤倉

塩釜市藤倉に相続後空き家になったご実家のご売却のご相談をいただきました。

現在、関東圏内にお住まいで遠方で空き家の管理が大変(近隣の方にご迷惑をおかけしないか心配で当社は空き家の管理をご希望でしたが、やはりご自宅もご所有をしているので年間の維持費もかかるので早くご実家を売却したいというご相談内容でした。

ただ空き家の立地、接道状況、築年数などみると売却できるか多少不安な部分もありました。それを含めなるべく家財道具など処分を含め売却後に手出しの資金(マイナス)が出てないようにしたいというご希望がございました。

売却価格の方は当社にお任せする内容で早速、当社に購入顧客様に情報をご紹介したところ、すぐに現況で家財道具もそのままの状態でご要望に近いかたちで無事にご購入のお申込みをいただけることなりました。ご相談ご依頼いただきましたお客様もとても安心しておられました。県外にお住まいで空き家の管理や相続後の空き家になったご実家のご売却などどのようにしたいのか分からなくお困りでしたらぜひ当社にご相談いただければと思います。


空き家を修繕して
賃貸物件として運用

塩釜市みのが丘

2014年に塩釜市みのが丘で空き家の活用のご相談を頂きました。

空き家の築年数がかなり古くリフォームして果たして借りる方がいるのかというご相談から始まり、他社に相談したら難しいのではないかということでした。それなりリフォーム修繕を行っても借りる方がいなかればかなりのリスクがあるということでした。駐車場はなく、二階から玄関で道路から敷地が一段下がっている特殊な地形、しかも汲み取り式という難点。

まず近隣の戸建賃貸の募集と成約事例で貸し出すとしたらいくらで貸せるかを調査し、家賃設定を行ないそれからリフォーム修繕にかける予算を出させて頂きました。修繕費用に対して何年で回収できるか利回りも含めてご提案をさせて頂きました。

大体の費用を決まり、修繕箇所は屋根外装塗装、室内の間取り変更、内装、電気配線関係、水回りは全て交換、汲み取りを下水に変更、鉄骨の駐車場設置工事を行ないました。以前の空き家とは全くイメージが変わりました。さっそく当社で賃貸の募集を行ったところ広告掲載から1週間でお申込みを頂きました。この事例は2014年でしたので2023年現在まで退去せずにずっとお住まいになっておられます。単身者用のお部屋よりファミリ-タイプの方が長く住んで頂けますのでオーナー様にとっては安心です。リフォーム修繕した費用は現在までの賃料収入から全て回収し、今は毎月安定した収入を得られております。利回り的には表面で32%なのでかなりの高利回りとなりました。下手にアパートを購入するよりかはリスクを抑え、少額ではありますが毎月安定した収入があれば生活の費用に少しでも回すことができます。まずは戸建1棟から始め次に2棟と徐々に増やしていけば毎月かなりの収入を得られることもできます。築年数が古いから解体と思って諦めている方は一度、空き家の再利用を行うことも考えてみてはいかがでしょうか。