空き家の解決方法

管理してリスクを抑える

人が住まなくなった家屋は驚くほどの早さで荒れ果てていきます。 わずか2、3年で誰も居ないのに不思議なぐらい荒れ放題、その後のリフォームにかなりのお金がかかることになります。
これは通風や通水をしない事で湿気の滞留や排水トラップが破封を起こしてしまう事から起こる現象です。
長期間自宅を空家にされる方あるいはご病気等でどうしても自宅に戻れない方または遠方に住んでいるがいつかは戻って来る予定の方などなど様々な理由でどうしても空き家にしている方の為に、定期管理サービスを実施しています。
所有している家屋のことが気がかりだが、距離的な関係でどうしようも無いなど主を無くした家屋の管理はお任せ下さい!

行政代執行

仙台市なども空き家に関する条例が新たに平成26年四月がら制定されました。
空き家・空き地の管理に関する条例が制定されてから、全国各地の自治体で同様の条例が制定されています。度重なる勧告・命令を無視して適切な空家管理をしない悪質なケースでは、自治体による「行政代執行」による解体が行われるケースがあります。行政代執行とは、義務者(この場合は空き家所有者)に代わり、行政がその義務(この場合は建物解体)を行い、その費用(この場合は解体費用)を義務者に請求するというものです。その前にきっちりとした管理を行なえば未然にトラブルや問題を防ぐことができます

「空き家」になってしまったら!

  • リスクを抑える為に早めに対策を!
  • 何も手をつけていないよりか先手が必要!
  • 頼むなら専門家にお願いする!
  • 放火・不審者の侵入・犯罪への利用など未然に防ぐ!
  • 不動産を上手く活用する!