「空き家」や「空き地」でお困りならどんなことでもご相談ください。

空き家の草刈剪定について

草刈剪定前

多賀城桜木空き家管理の剪定前

草刈剪定後

多賀城桜木空き家管理の剪定前

空き家の草刈剪定について

毎年7月から8月にかけて空き家の草刈剪定のご依頼を多く頂きます。定期的に草刈剪定を行うことで美観を保ちまわりの美観や防犯面など向上します。

草刈りの時期と頻度について

定期的な草刈り剪定は、空き家の美観を保ち、防犯面でも大きな効果があります。特に、6月から9月は草がすぐに伸びてしまうため、2回の草刈りがお勧めです。草刈りの後には、除草剤をまくことで草の伸びを抑えることができます。長期的に維持するためには、6カ月間効果が続く除草剤を使用することをお勧めします。

費用削減のための選択肢

毎年の草刈りで費用を抑えるためには、除草シートを活用することがお勧めです。除草シートは、雑草の成長を抑え、草刈りの回数を減らすことができるため、長期的に見ればコスト削減につながります。また、除草シートを敷くことで、草刈り後の草の処理や、草刈り作業中の草花や植物のダメージを軽減することもできます。さらに、除草シートは環境にも優しい選択肢の一つであり、草刈りによる騒音や空気汚染も軽減できます。除草シートの選び方や施工方法については、専門業者に相談することをお勧めします。

アスリートホームの一言ポイント

定期的な草刈り剪定は、美観や防犯面を向上させるために重要であり、特に6月から9月には2回の草刈りがお勧めです。当社では、空き家の草刈剪定だけでなく、様々な庭木や草木の手入れも承っております。また、お客様のご要望に合わせて、草刈りだけでなく芝刈りや剪定、伐採など、幅広いサービスを提供しています。ご自身で草刈りや庭の手入れが難しい場合は、お気軽に当社にご相談ください。経験豊富なスタッフがお客様のご要望に応じて、最適なプランをご提案いたします。

空き家管理舎 宮城(株式会社アスリートホーム)  

よかったらシェアしてください!