「空き家」や「空き地」でお困りならどんなことでもご相談ください。

青葉区双葉ケ丘:不動産管理と売却

高齢者施設に入所中の母親が住んでいた空き家の管理から売却まで

母親が施設の入所して仙台市青葉区双葉ケ丘にある空き家になったご実家を不動産管理や売却についてもご相談を頂きました。

千葉県にお住まいの方からのご相談でした。高齢の母親が施設に入り、現在空き家になっているので遠方に住んでいるので何かあった場合などは行けないので、定期的に見回りと室内の換気等を行ってほしいというご依頼でした。また母親がご存命の間は空き家の管理をしてもらい、もし母親が亡くなった場合は売却も合わせてお願いしたいということでした。

その内容でご相談頂いてから定期巡回など空き家管理を2年ぐらい行わせて頂いていたところ、ご依頼者の方から母親が亡くなったいうご連絡を頂きました。これから遺産分割協議書作成や相続登記が完了するまで4カ月ぐらいかかるということでした。相続登記完了したら青葉区双葉ケ丘での不動産売却をすぐに行ないたいということで、売却査定をすぐに行ない、すぐに購入したい方を探すことできました。

購入条件は建物を解体して更地で土地としてご希望でした。当社は遺品整理も行っていますし、解体業者もご紹介できる体制も整っております。まず相続登記が完了する前に売買契約を締結し、相続登記完了後から引き渡しまでに遺品整理、解体を行なうスケジュールで進めました。

また今回は売主の方で解体することになったので、相続した空き家の3000万円の譲渡所得税の特別控除が適用になると思いご提案をさせて頂きました。これは売却した時の譲渡所得税が売却時の利益に対してかかる税金、3000万円まで控除できるので是非活用した方が宜しいです。

そのようなスケジュールで相続登記完了後にすぐに売却ができスムーズにお引渡しを行なうことができました。当社は他社には無いサービスで青葉区双葉ケ丘の不動産管理から売却の過程まで、全てお受けできますのでご依頼のお客様には大変喜ばれております。もし同じようなお悩みがあれば是非一度ご相談頂ければと思います。

アスリートホームの今回の事例の見解

この事例は、空き家の管理や売却に関するご相談を受けた場合の流れを示す良い例となっています。以下、当社の見解として、この事例のポイントをまとめてみたいと思います。

  1. 定期的な管理は大切 空き家は、放置しておくと草木が生い茂ったり、家具や建物が腐食したりすることがあります。そのため、定期的な見回りや換気などの管理は非常に重要です。また、管理をしながら売却の準備を進めることで、空き家を早期に売却することができます。
  2. 相続登記前から売買契約を締結することができる 相続登記完了前でも、売買契約を締結することができます。この場合、売主が亡くなる前に契約を締結し、引き渡し時には相続人が売主の権利を引き継ぐことになります。このようにすることで、相続登記が完了するまで待たずに、早期に売却することができます。
  3. 遺品整理や解体などのサービスがある業者を選ぶことが重要 空き家の売却にあたり、遺品整理や解体を含めたサービスを提供している業者を選ぶことが重要です。特に、相続登記完了後に遺品整理や解体を行うスケジュールを立てることで、スムーズな引き渡しを実現することができます。
  4. 譲渡所得税の特別控除を活用することで税金を節約できる 売却時には、譲渡所得税がかかることがあります。しかし、相続した空き家の場合は、譲渡所得税の特別控除が適用される場合があります。この控除を活用することで、税金を節約することができます。

以上のように、空き家の管理や売却には、様々なポイントがあります。当社では、空き家の管理から売却まで、一貫してサポートすることで、お客様の不安やストレスを軽減し、スムーズな取引を実現することを心がけています。

よかったらシェアしてください!