「空き家」や「空き地」でお困りならどんなことでもご相談ください。

不動産を活用した相続税対策の仕組み

相続税対策と不動産の重要性

相続税対策と不動産の重要性

相続税は多くの人にとって大きな負担となります。特に、不動産を相続する場合、その評価額に応じて相続税がかかるため、事前の相続税対策が必要です。この記事では、不動産を活用した相続税対策の仕組みについてわかりやすく解説します。相続税の計算には多くの要素が影響しますが、不動産の評価額が高い場合、その影響は特に大きくなります。

不動産と相続税

不動産と相続税:基本的な計算方法

相続税は、土地や建物、マンションなどの不動産の評価額に基づいて計算されます。評価額は、固定資産税評価額や路線価を参考にすることが一般的です。例えば、固定資産税評価額が1億円、路線価が600万円/平方メートルであれば、これらの数字を用いて相続税額が算出されます。

計算例

1億円の評価額に対して、相続税率が50%であれば、相続税は1億円 x 0.5 = 5000万円となります。ただし、基礎控除や特例控除が適用される場合もありますので、その点も考慮する必要があります。

計算例

節税効果のある不動産活用方法

1. 賃貸経営

空き家や土地を賃貸物件として活用することで、収入を得られます。この収入は、相続税の負担を軽減する資金となります。

実際の例

月々の家賃収入が10万円であれば、年間で120万円の収入が得られます。この収入を相続税の負担に充てることができます。

2. 法人化

不動産を法人名義で所有することで、相続税の課税対象から外れる場合があります。

実際の例

法人化により、不動産の評価額が1億円から8000万円に減少する場合、相続税もそれに応じて減少します。

3. 贈与

生前に不動産を贈与することで、相続税を減らすことが可能です。

実際の例

生前贈与により、1億円の不動産を5000万円で贈与すると、相続税の負担が大幅に減少します。

4. マンション経営

マンション経営も一つの手段です。特に、高い利回りが期待できるエリアでのマンション経営は、相続税対策に有効です。

実際の例

年間の収益が200万円であれば、その収益を相続税の負担に充てることができます。

リスクと注意点

リスクと注意点

不動産での相続税対策にはリスクもあります。賃貸経営での空室リスク、法人化に伴う運営費用、贈与による贈与税など、様々な費用が発生する可能性があります。これらのリスクを避けるためには、専門家のアドバイスが有効です。

注意点

  • 空室リスク:賃貸物件が長期間空いてしまうと、収入が途絶える可能性があります。
  • 贈与税:生前贈与を行う場合、贈与税が発生する可能性があります。

まとめ:不動産を活用した相続税対策のメリット

不動産を活用することで、相続税の負担を大幅に減らすことが可能です。しかし、そのためには適切な仕組みと計画が必要です。専門家のアドバイスを受けながら、最適な相続税対策を検討しましょう。税理士や不動産専門家との面談を予定して、具体的な計画を立てることが重要です。

よかったらシェアしてください!