「空き家」や「空き地」でお困りならどんなことでもご相談ください。

不動産売却:ステップバイステップでわかる流れと注意点

不動産売却の基本的な流れ

不動産売却の基本的な流れ

不動産売却は一生に一度か二度の大きな取引です。この記事では、不動産売却の流れをステップバイステップで詳しく解説します。最初に媒介契約を結び、次に売買契約を行い、最後に決済と引渡しをします。これらのステップを一つ一つ丁寧に進めていくことが、スムーズな売却に繋がります。
また売主と買主の役割は明確です。売主は不動産を売る側であり、買主はそれを購入する側です。売主は物件の状態を正確に伝え、買主はそれに基づいて購入の判断をします。

STEP
不動産会社への査定依頼

最初のステップは、不動産の価格を査定するために不動産会社に依頼することです。査定方法には大きく分けて、訪問査定と机上査定があります。

注意点: 査定方法の選択は売主のニーズと状況によりますが、訪問査定はより正確な価格が出ます。時間がかかる場合もありますが、信頼性が高いです。訪問査定はより正確な価格が出ますが、時間がかかる場合があります。

STEP
媒介契約の締結

次に、選んだ不動産会社と媒介契約を結びます。契約の種類には一般媒介、専任媒介、専属専任媒介があります。

注意点: 契約の種類によって売主の自由度と不動産会社の責任度が変わります。専属専任媒介契約は、不動産会社に全てを託す形になるので、信頼性が非常に重要です。自分の状況に合わせて選びましょう。

STEP
売却活動

媒介契約後、売却活動が始まります。主に不動産会社が広告や見学会を行いますが、売主自身も貢献できます。

注意点: 部屋の掃除や小さな修理は、買主に良い印象を与えるために重要です。

STEP
買主との売買契約

購入希望者が見つかり、その人の融資審査が通ったら、売買契約を結びます。この際、重要事項説明と売買契約書が作成されます。

注意点: 注意点: 契約書には専門用語が多く出てきます。不明点は必ずクリアにしてから契約を進めましょう。専門家のアドバイスも有用です。不明点は必ずクリアにしてから契約を進めましょう。

不動産売却の査定の依頼

簡易査定と訪問査定

査定には主に簡易査定と訪問査定の2種類があります。簡易査定はオンラインで行えるため手軽ですが、訪問査定はより正確な価格を知ることができます。

選び方のポイント
  • 簡易査定は初期の価格感を掴む際に便利
  • 訪問査定は最終的な売却価格を決定する際に有用
不動産売却プロセス

媒介契約の種類と売買契約

一般媒介、専任媒介、専属専任媒介という用語はよく出てきます。これらは、売主(販売者)と不動産会社が結ぶ「媒介契約」の種類を指します。それぞれの特徴と注意点を簡単に説明します。

  • 媒介契約の条件と交渉: 契約内容には、売却価格や仲介手数料、契約期間などが含まれます。これらの条件は交渉可能ですので、しっかりと確認しましょう。
  • 必要な書類: 媒介契約を結ぶ際には、物件の登記簿謄本や固定資産税評価証明書などが必要です。

一般媒介

複数の友達(不動産会社)に頼んで、自分のバイク(不動産)を売ってもらうように依頼するケース。

特徴

  • 売主は複数の不動産会社と契約できます。
  • 売主自身も独自に買主を探すことができます。

注意点

  • 各不動産会社がそれほど積極的に物件を売ろうとはしない可能性があります。
  • 複数の会社が関わるため、コミュニケーションが煩雑になることがあります。

専任媒介

一人の友達(不動産会社)に頼んで、自分のバイク(不動産)を売ってもらうように依頼するケース。

特徴

  • 売主は一つの不動産会社とだけ契約します。
  • その会社が積極的に物件を売る責任を持ちます。

注意点

売主自身が独自に買主を見つけた場合でも、不動産会社を通さなければならない。

専属専任媒介

一人の友達(不動産会社)に頼んで、自分のバイク(不動産)を売ってもらうが、自分自身で買主を探すことは一切しないケース。

特徴

  • 売主は一つの不動産会社と契約し、その会社だけが販売活動を行います。
  • 売主自身が買主を見つけることはできません。

注意点

この契約を選ぶ場合、その不動産会社に全てを託す形になるので、信頼性が非常に重要です。

売買契約

買主が見つかった後は、売買契約を結びます。この段階で、売却がほぼ確定します。

買主との条件交渉

売買価格や引渡し日など、買主との間で条件を決定します。

売買契約時の必要書類

売買契約を結ぶ際には、前述の媒介契約で用意した書類に加え、買主の身分証明書などが必要です。

不動産売却のポイント

不動産売却は、多くの人にとって一生に一度か二度の大きな取引となることが多いです。そのため、適切な知識と準備が必要です。以下は、不動産売却の際に注意するべき点や、不動産会社とのやりとりのポイントをまとめたものです。

  1. 査定の依頼: 不動産の価値を知るためには、複数の不動産会社に査定を依頼することがおすすめです。これにより、適正な価格を知ることができます。
  2. 税金の確認: 不動産を売却した際の税金は、売却価格や所有期間によって変わります。税金の詳細については、国税庁のwebサイトで最新の情報を確認してください。
  3. 契約の確認: 売却契約を結ぶ際には、契約内容をしっかりと確認することが重要です。特に、契約解除の条件やペナルティについては注意が必要です。
  4. 不動産会社とのコミュニケーション: 不動産会社とのやりとりは、スムーズな売却のための鍵となります。定期的な連絡を取り合い、疑問や不安があればすぐに相談することが大切です。
  5. 最終的な取引の確認: 売却が成立した際には、すべての手続きが完了しているか、必要な書類が揃っているかを確認することが必要です。

不動産売却への疑問

不動産売却のQ&A
不動産の売却とは何ですか?

不動産の売却とは、所有者が自身の不動産を他者に譲渡し、その代わりに金銭を受け取る取引のことを指します。この取引には、土地や建物、マンションなどの不動産が含まれます。売却の際には、適切な価格で取引を進めるための査定や、契約手続きなどが必要となります。

不動産を売却した時の税金はいくらですか?

不動産を売却した際の税金は、いくつかの要因によって異なります。売却価格、所有期間、利益の金額などが影響します。特に、所有期間が5年未満の場合は、所得税率が高くなることがあります。具体的な税金の計算や最新の税率については、国税庁の公式サイトや税理士に相談することをおすすめします。

不動産の売買はどうやって行うのですか?
ステップ説明
査定不動産会社に物件の価格を査定してもらいます。
媒介契約査定が終わったら、不動産会社と媒介契約を結びます。
広告契約後、物件の情報を公開して買主を探します。
内覧買主が見つかれば、物件を実際に見せます。
交渉価格や条件について話し合います。
契約すべてが合意できれば、売買契約を結びます。
引渡し最後に、物件とお金を交換します。
不動産売却の税金はいつ払いますか?

不動産を売却した際の税金は、売却を行った年の翌年に確定申告を行い、その際に支払うことになります。例えば、2023年に不動産を売却した場合、2024年の確定申告期間に税金を計算し、支払う必要があります。

売却時に注意すべきポイントは?

売却時には、以下のポイントに注意が必要です。

  1. 適切な査定価格: 高すぎず低すぎない価格での売却を目指す。
  2. 契約内容の確認: 契約解除の条件やペナルティなど、細かい部分までしっかりと確認する。
  3. 税金の確認: 売却利益に応じた税金が発生するため、事前に確認しておく。
不動産売却の際、どのような書類が必要ですか?

不動産売却の際には、登記簿謄本、固定資産税評価証明書、建物の平面図などの基本的な書類が必要となります。また、物件によっては、管理組合の承諾書や修繕履歴書などの追加の書類が求められることもあります。

査定価格と最終的な売却価格は同じですか?

売却を急ぐ場合、価格を適切に設定する、物件の魅力を最大限に引き出すためのホームステージングを行う、複数の不動産会社に査定を依頼するなどの方法が考えられます。

売却を急ぐ場合、どのような方法がありますか?

売却を急ぐ場合、不動産会社の買取またはオークション買取というものがあります。このメリットは急いで不動産を売却したい方にはおすすめですが、売却益が低くなるというデメリットがあります。最善の方法を選ぶことが重要となります。

不動産を売却する時の手続きは?
ステップ説明
査定依頼価格を知るために不動産会社に査定をお願いします。
媒介契約書査定後、媒介契約書を作ってサインします。
情報提供物件の詳細を不動産会社に教えます。
広告物件をインターネットや新聞で広告します。
内覧買い手が見つかれば、物件を見せます。
交渉価格や条件を話し合います。
最終契約条件が合えば、売買契約を結びます。
お金の受取契約後、手付金や売買代金を受け取ります。
家を売ったお金はいつ手元に入る?

家を売ったお金は、大体、売買契約が完了してから引渡しの日に全額または残金が手元に入ります。ただ、手付金は契約時に先にもらうこともあります。

よかったらシェアしてください!