「空き家」や「空き地」でお困りならどんなことでもご相談ください。

空き家問題の解決:仙台の不動産

空き家問題とは

空き家問題
  1. 社会的・経済的問題: 空き家は、その土地や建物の価値を減じる可能性があります。これは近隣の家の価値も下げる可能性があり、その結果地方経済に影響を及ぼすことがあります。また、空き家が放置されることで、犯罪の温床になることがあります。
  2. 環境問題: 空き家が長期間放置されると、自然に戻る可能性があります。これは、野生動物が住み着く可能性があるだけでなく、建物自体が風化して環境に悪影響を及ぼす可能性があります。
  3. 所有者の問題: 空き家の所有者は、その維持や税金に費用をかける必要があります。これは、特に年配の所有者にとっては重荷になることがあります。また、空き家の所有者は、その財産をどのように処分するかという難しい問題に直面することもあります。

これらの問題は、一人ひとりの所有者だけでなく、地域社会全体に影響を及ぼします。そのため、空き家問題は個人の問題だけでなく、地域社会、さらには国全体の問題とも言えます。

解決策としては、仙台での不動産空き家問題を解決するために、空き家を再利用することが重要です。具体的にはリノベーション、レンタル、売却などが考えられます。また、地方自治体や国が空き家対策を立てることも重要です。これには、空き家の所有者を支援するための税制改革や、空き家を活用するためのプログラムなどが含まれます。

空き家問題とその対策

空き家問題とその対策

空き家は所有者が居住していない住宅のことで、相続によって手に入れた不動産が空き家となるケースが多いです。しかし、空き家が適切な管理を受けていない場合、見た目の荒廃、害虫の発生、犯罪の温床となるなど近隣住民に様々な問題を引き起こす可能性があります。そのため、空き家の管理は重要な課題となっています。

空き家の管理

空き家の管理には、建物の老朽化を防ぐための保守・メンテナンス、周囲の草木の手入れを行う草刈り、空き家を狙った犯罪を防ぐための防犯など、様々な項目があります。これらの管理が行われていない空き家は「管理不全空き家」と呼ばれ、近隣住民への問題を引き起こす可能性が高いです。相続した不動産が管理不全空き家とならないためには、所有者自身が定期的に管理を行うか、専門の不動産管理会社に委託することが重要です。

特定空き家とその対策

一方、特定空き家は公共の安全を脅かす可能性があるとして地方自治体が指定した空き家を指します。建物が老朽化して倒壊の危険がある、または未使用であるにも関わらず火災の危険がある場合などが該当します。特定空き家は地方自治体により強制的に撤去や修繕が行われることがあります。相続した不動産が特定空き家に指定されないためには、定期的な建物の点検やメンテナンスが必要です。火災防止対策も重要な要素です。

空き家問題の現状と対策強化

空き家の数は、過去20年間で約1.9倍に増加し、2023年には住宅供給が1000万戸を超えることが予想されています​1​。そのため、空き家問題は日本の重要な社会問題となっています。この増加に対応するため、政府は空き家対策特別措置法を改正し、特定空き家になる前の段階で所有者に適切な管理を促す新たな対策を導入しています。この法案では、空き家の適切な管理が奨励され、管理不全空き家と特定空き家の問題を解決するための一歩となります。

特別法の改正と新たな対策

特別法の改正と新たな対策

2023年に特別法が改正され、新たな対策が盛り込まれました。その一つは、空き家をカフェや宿泊施設などに再利用する手続きを簡略化する「空き家再利用ゾーン」の設立です。法律の施行から5年以内に自治体が100のゾーンを設立することを目指しています。また、倒壊の危険がある物件の撤去手続きも簡略化され、管理不全の空き家は優遇税制の対象から除外されることになりました。これにより、所有者は適切な管理を迅速に行うよう促されます。

空き家問題の現状

2023年には、日本全国で住宅の供給過剰が約1000万戸に達すると予想されています。これは2000年代の政府の住宅政策と人口減少による住宅需要の減少が無視された結果で、空き家の問題を一層深刻化させています。2018年には空き家数が約849万戸を超え、2023年には総住宅数が約6546万戸に達すると予想されています。

管理不全空き家への罰則

また、管理不全空き家への罰則も強化されています。空き家がさらに荒廃するのを防ぐため、一定の基準を満たす空き家の所有者に対しては、税制上の優遇措置が取り消されることになりました。これは、土地(200平方メートル以下の部分)上の家屋に対する税金を6分の1減税するという、日本の年間固定資産税制度の改正によるものです。この措置により、所有者はできるだけ長く土地上の家屋を維持するよう奨励されてきましたが、空き家がさらに荒廃することを防ぐために、この税制優遇が剥奪されることになりました。

また、空き家特別法に基づいて、地方自治体は倒壊の危険がある空き家を指定し、所有者に修繕または撤去を命じる権限があり、これに従わない場合は税制上の優遇措置が取り消されることになります。2015年には、地方自治体が約3.5万の空き家を指定し、そのうち約2万は所有者が政府の命令に従い修繕または撤去されました。しかし、これらの基準は時間がかかり、極端に老朽化した建物を対象としているため、現在でも約20万の空き家がこれらの基準を満たしていませんが、今後何らかの対策が必要とされています​1​。

土地、インフラ、交通、観光省(MLIT)の提案した計画では、管理不全空き家の基準が緩和され、壊れた窓や手入れが行われていない雑草などがある空き家も対象とされる予定です​1​。

結論:空き家問題への対策強化の重要性

空き家問題は、これからも日本の重要な課題となります。特に、管理不全空き家と特定空き家は公共の安全を脅かす可能性があります。新たな法律と政策により、空き家の適切な管理と再利用が奨励され、空き家問題の解決に向けた一歩となります。所有者は適切な管理を行い、早期に対策を講じることが求められています

よかったらシェアしてください!