「空き家」や「空き地」でお困りならどんなことでもご相談ください。

遠田郡美里町:空き家の不動産管理と売却

相続で空き家になっている物件を売却したお客様の事例

お問い合わせ頂きましたお客様から相続で空き家になっていた遠田郡美里町のご実家の不動産管理と売却のご相談を頂きました。

県外にお住まいでこちらに戻る予定がないのでご実家を売却したいということでした。お庭や建物が広く、台風や地震で何かあった時にこちらに来て管理するのが大変で、また年間の草刈りなのどの維持管理費や手間が大変なこともありすぐにでも売却したいということでした。また当社で買取りをご希望でした。

場所は遠田郡美里町ということで、人口的には仙台に比べかなり少なく不動産管理と売却の取引需要は少ないかと思いました。。しかしお問い合わせ頂いたお客様のご要望にお応えしたく、まずは当社の取引のある知り合いの地域に詳しい不動産業者にご相談致しました。また物件の調査など役所周り、水道・下水などの配管の調査、農村地域は市街化調整区域が多いので売買できる地域なのかも含め物件調査を行ないました。たまたまこの地域は問題なく売却できる地域で一安心しました。

建物は昔ながらの日本家屋に畑や納屋などもあり、敷地が200坪以上ぐらいあり、遠田郡美里町での不動産管理や売却に適した、ゆっくり田舎暮らしが好きな方にはとても好まれる情緒あふれる風情でした。ご相談した不動産者の方が地域に精通していることもあり購入したいということになり、そちらで買取りをして頂くことになりました。

ご相談頂いてから1カ月ぐらいで遠田郡美里町の不動産を売却できたので、ご相談頂いたお客様からとても喜ばれ、空き家の不動産管理のご負担が無くなったことで安堵のご様子でした。仙台市内や人気のある地域では売買は活発ですが、少し離れた遠田郡美里町などは空き家が多く、不動産管理や売却が特に重要となります。売却したいけど売却できないなど。当社はもしそのようなお悩みがあれば一度ご相談頂ければと思います。

アスリートホームの今回の事例の見解

いかがでしょうか?相続で空き家になっている不動産を売却したいと思っている方は多いかと思います。本事例では、宮城県の県北にある200坪以上の広い敷地に古民家があり、台風や地震などの管理や維持費用が大変であるため、買取りを希望されたお客様のご要望にお応えし、知り合いの不動産業者にご相談したところ、すぐに売却することができたという内容でした。

この事例からわかることは、空き家を売却するには、まずは地元の不動産業者に相談することが大切であるということです。地元の不動産業者は、その地域の市場動向や不動産相場などを熟知しており、適切なアドバイスをくれることが期待できます。また、物件の状態や法律上の問題などを調査し、適切な対応をすることが必要です。

さらに、売却希望者にとっては、売却後の管理や維持費用についても検討する必要があります。空き家になっている場合、台風や地震などの自然災害に備えるために、定期的な点検や修繕が必要となる場合があります。また、草刈りや庭の手入れなどの維持管理費用もかかってくるため、こういったコストを考慮して、早めの売却を検討することが望ましいです。

最後に、地方都市や郊外などでは、人口が少なく売買需要が少ないため、売却が難しい場合があることがあります。しかし、地元の不動産業者や知り合いの方などとのコミュニケーションを大切にし、柔軟なアプローチで物件を買い取ってもらうことができる場合もあるので、諦めずに検討してみることが大切です。

よかったらシェアしてください!