「空き家」や「空き地」でお困りならどんなことでもご相談ください。

若林区志波町:不動産管理から売却まで

若林区志波町空き家売却のため購入者を探す

県外の方から相続した仙台市若林区志波町の空き家のご実家を売却したいというご相談を頂きました

相続してから数年経過し、全く何も手を付けていない空き家の売却のご相談を頂きました。年に一度は近くに住む親戚に草刈りをお願いしていましたが、高齢で頼みずらくなったということです。最初は空き家の管理を考えていましたが、やはりこのまま空き家を所有していても建物はリフォームできない程の古さ、年間の固定資産税の支払いなど維持管理する費用がかさむだけで何も所有し続けることに意味が無いということでした。

さっそく現地に行って空き家を確認したところやはり、建物が老朽化しており不動産管理の観点からもリフォームしてもかなりの費用がかかる状態でした。それ加え、増築した部分があり未登記状態で建物更生登記などいろいろ手間はかかるような感じでした。

まず解体費用も無い状態だいうことで現状で売却をご希望でしたので現状で購入してくださる方をお探し致しました。たまたまご近所にお住まいの方が息子夫婦の為に購入し自宅を建てたいということで現状のまま購入して頂けることなりました。

ご依頼の方から無事に売却することができ一安心。やはり空き家を持ち続けるということはかなりのご負担で、自らすぐ行ける距離はいいですが、やはり県外や遠方に住んでいると台風や地震とかで何かあった時の心配、放火や犯罪、衛生面の問題など様々な心配ごと増えてしまします。しっかりと管理行っていると自分自身で思っていてもそうマメに管理が行き届くところまでは行なっていない現状です。

アスリートホームはそんな空き家の管理に対するお悩みのお手伝いをさせて頂ければと思います。しっかりとした管理以外にも月一度の巡回で報告書を見て現状を確認し見ることもとても安心できるかと思います。

アスリートホームの今回の事例の見解

空き家を所有していると、維持管理費用や安全面の心配など様々な問題が発生してきます。この事例では、空き家の売却を検討されたご依頼者が、建物が老朽化しておりリフォーム費用がかなりかかる状態であることや、増築部分が未登記であることなどの問題点を抱えていました。そして、自分自身で管理をすることに限界を感じ、売却を決断されたということでした。

空き家を所有するということは、常にコストやリスクが存在するということです。特に、県外や遠方に住んでいる場合は、管理に関する心配事が多くなります。そこで、アスリートホームでは空き家の管理に関するお手伝いをしています。月一度の巡回で報告書を作成し、現状を確認することで、オーナー様にも安心していただけるようになります。

また、空き家の売却についてもアスリートホームではお手伝いをしています。この事例では、現状のままの売却を行い、購入してくださる方が見つかったということでした。空き家を所有することに限界を感じた場合、売却することもひとつの選択肢となります。

若林区志波町での空き家の不動産管理売却にお悩みの方は、ぜひアスリートホームにお問い合わせください。。アスリートホームでは、オーナー様のご希望に合わせて、適切な管理プランをご提案しています。空き家の管理や売却にお悩みの方は、ぜひアスリートホームにお問い合わせください。

よかったらシェアしてください!